本格派の海鮮丼ぶりとステーキ定食で
行列の店『Wadatsumi』

最近、サウスベイの日本食好きな人々の話題はWadatsumiのランチだ。まず、誰もがメニューの豊富さに驚くに違いない。マグロをはじめとする各種海鮮のネタが乗った丼ぶり。その中でも一番目を引くのが先着12人のみがオーダーできる海鮮丼ぶりだ。粋のいいネタがたっぷりと乗った上に14ドル95セントというリーズナブルな値段が魅力的。しかし、先着12名に漏れても心配は無用。前述の各種丼ぶり以外にもバラちらしや刺身定食、焼き魚定食、リブロースステーキ定食など豊富なラインアップがずらりとメニューに並ぶ。刺身定食は1日に70食も出るという。海鮮丼ぶりも刺身定食も、まるで日本の築地にある寿司屋で食べているような錯覚にとらわれるほどの本格派。

また、魚同様にそのクオリティの高さで知られるリブロースステーキの肉は、ラスベガスのMGMホテルにも卸されているオーストラリア産のアンガス牛だ。また、定食についてくる、すくい豆腐もこの店ならではのユニークな逸品だ。店を開ける時に新たに導入した2台のスチームコンベンションオーブンで、日々、自家製豆腐と茶碗蒸しを大量に作っているそうだ。

…………中略

指揮を執るエグゼクティブシェフの野中通夫(Michio Nonaka)さんは料理業界一筋40年。最初は日本で洋食からスタートしたが、渡米後に寿司を修行し、ガーデナにあったランチの雲丹丼ぶりが大人気だった寿司店、築地では、10数年に渡り腕を振るった。

それにしても一体、これだけの質の料理をどうしてこれだけリーズナブルに提供することが可能なのか。野中さんに聞いても「それは企業秘密として明かすことはできない」と回答を拒否されてしまった。秘密は謎だが、海鮮丼ぶりや刺身定食を求めて店に通うことは明らかだ。

 

Wadatsumi
1757 W.Carson St. Suite R&S
Torrance CA 90501
Tel: 310-782-7356

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)