新しい発想の洋食で米市場に斬り込む
『Red Rock』

2017年8月、ロサンゼルス郊外のトーランスに、神戸からローストビーフ丼(Slice Beef Don)を提げてレッドロックがオープンした。耳慣れないローストビーフの丼が食べられるという噂は瞬く間に界隈を駆け巡り、ある時、友人とランチの約束をする際に「どこがいい?」と聞くと、彼女は「レッドロックに行ってみたい」と即答した。

こうして、初体験となったレッドロック。目の前に登場したのは、まさに赤い岩。何層にも重なった赤いローストビーフの下にご飯が隠れている。そのビーフの岩は崩しても崩してもなかなかなくならない。また、しっかりと味のついたビーフとご飯の相性はそのままでも抜群だが、店の方に「お好みでこちらをかけてお召し上がりください」と白いソースを勧められた。口に運ぶと、それはヨーグルトの味がした。

…………中略

開店当初は日本と同じメニューだったが、その後、オムライスやカレーなどローストビーフ丼以外の料理も出すようになった。マネジャーを務める大島カール将弘さんは、ランチタイムに多いビジネス層以外にも、週末になると増える家族連れの顧客のために、子どもをはじめ幅広い層に受け入れられるメニューをトライアルで導入しながら正式メニューに加えてきたと説明する。

また、ビール、ワイン、日本酒、焼酎とアルコール類も充実している。ディナータイムには「ワインと一緒に、ステーキをつまみに楽しむお客様も多いですね」と大島さん。

こうして、ローストビーフ、ステーキ、オムライスを看板に、アメリカに斬り込んだレッドロック、次なるアメリカ2号店が近くオープン予定だ。ロケーションはアジアのレストランがひしめく激選区、ウエストロサンゼルスのソーテル。「日本から来たからと言って、ラーメンや寿司で勝負するのではなく、こだわりの新しい料理で、アメリカ市場に挑戦したいですね。今後3年でレッドロックの結果をここで出したいと思います」と増田さんは抱負を語った。
(取材時期 2018年4月)

 

Red Rock
2141 W 182nd St.
Torrance CA 90504
Tel: 424-329-3363
11:30am-2;30pm / 5:00pm-9:30pm
7days Open
http://www.redrock-kobebeef.com/en/

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)